謝辞

「松野さん家で百物語」いかがでしたでしょうか?楽しんで頂けましたか?
読み終わったあと、なにか起こりましたか?

総勢49名による、ホラー松100話。
ただ怖いだけではなく、涙したり、ほっこりしたり、意味が分かってからゾッとしたり。
さまざまな『怖い話』が集まりました。

ご協力いただいた皆様には、本当に感謝しております。ありがとうございます。
特に、企画段階で色々相談にのってくれたくけさん、本当にありがとう。

実はこういった企画をやるのは初めてだったもので、不慣れな分ご迷惑もたくさんお掛けしたかと思います。
こうして無事に企画を完了することができて、正直ホッとしております。

企画当初は、人が集まらなかったら一人で100話書こうと覚悟のもと始めましたが、たくさんの方がおかわりしてくださって、結局書いたのは19話。本当に助かりました。

「ホラーって始めて書いた!」「楽しかった!」という感想を見かける度に、やってよかったなぁと思います。
参加された方々の、新しい創作のきっかけとなれたら幸いです。

実は、百物語企画を始めてから、誰もいないのに玄関をノックされたり、掛けてあったハンガーが誰も触っていないのに吹っ飛んだり、家族が怖い夢をみたりと、様々なこともありましたが、お参りはしてあるので、きっと大丈夫だと思います。

企画するのはなかなか大変なこともありましたが、とても楽しかったです。
また何かの形で企画など出来たらいいなと考えております。その時はぜひよろしくお願い致します。

当企画の感想はぜひ「#松野家百物語」というハッシュタグでツイートしていただけると、主催や参加者様方が喜びますので、ぜひお願いします。

最後になりますが、参加してくださった皆様、読んでくれた皆様、当企画を見守ってくださった皆様、本当にありがとうございました。

それでは皆様、お憑かれさまでした。

2016年8月14日 主催:くろひつじ

↑ ページトップへ